専業主婦 いくらまで

専業主婦はいくらまで借りれる?

専業主婦はいくらまで借りれる?

専業主婦

専業主婦はいくらまで借りることができるのか、これはキャッシングの申込方法によって変わります。

 

1つの申込方法としては夫の収入からキャッシング申し込みをする方法がありますが、この場合ですといくらまで借りることができるのかは夫の収入次第となります。総量規制が適用される消費者金融へ申し込むなら夫の年収の3分の1まで借りることが出来ます。

 

次に銀行へ自分名義で申し込みをする場合ですが、この場合は申込先の銀行の利用条件においていくらまでなら身分証明で申し込めるのかが記載されているので、この方法から申し込みをするときは申込先の銀行によって借りれる金額は異なります。例えば、50万円までなら身分証明で申し込み可能という銀行なら50万円まで借りることが出来ますし、100万円となっているなら100万円です。専業主婦は収入証明を提出することが出来ないので、いくらまで借りれるのかは申込先の銀行が設定している申込条件における限度額となります。

 

高額な限度額を設定しているところだと、200万円までなら収入証明不要という銀行もあるので、割と高額な金額を借りることは可能です。専業主婦としてキャッシングを申し込むときは参考にすると良いです。

 

 

配偶者の同意書なして本当に借りれるのか?

 

夫婦

主婦であっても、パートやアルバイトの仕事をしているのであれば、総量規制と言う規制の枠内、即ちすべての借金の合計が年収の3分の1以下であれば、キャッシングでお金を借りることができます。勿論、この場合には、お金を借りる主婦の方本人の身分証明や収入証明だけで済みますから、旦那さんの同意書は必要ありません。

 

しかし、主婦の中でも専業主婦の方は、基本的に仕事をしていませんから、総量規制からいうと、年収がないためにお金を借りることができなくなってしまいます。収入のない専業主婦がお金を借りる場合には、配偶者の収入が審査の対象となるために、配偶者の収入証明や同意書などが必要となります。

 

銀行のキャッシングを利用する際には、銀行は総量規制の対象外ですので、年収による借り入れ制限がない銀行もあります。しかも、あまり多くの銀行ではないのですが、キャッシングをするのに配偶者の収入証明や同意書が必要ではない銀行もあります。ただし、この場合には貸出枠に制限があり、100万円までの貸出枠となっています。また、家族にばれないようにする配慮も万全で、書類を郵送する際の差出人や自宅に電話を掛ける際も個人名を使っています。